フレンチは今やカジュアルなグルメ

フレンチは今やカジュアルなグルメ

グルメじゃないけどフレンチは好きです

自分はフレンチが大好きです。
特にグルメな人間という訳ではないのですが、フランス料理だけは大好きなのです。
好きになったきっかけは、その当時勤めていた会社の先輩に連れて行ってもらってから好きになりました。
その時のフレンチのコースは確か15000円程のディナーだったのですが、本当に美味しくて、それまではご飯というのは楽しく食べれるか、安く食べれれば良いと思っていたのがそれからは美味しい物にお金をかけるのは必要だと感じる様になったのです。
本当に自分の食へ対する考え方を180度変えてくれた日でした。

その日食べさせてもらったフレンチにはフォアグラが乗った牛フィレ肉のステーキもありました。
焼肉屋で食べるカルビやロースとは全く違います。また、グルメ雑誌やインターネットのサイトで良くみかける話題のステーキ屋さんで食べるステーキとも全然違いました。
そのフレンチで食べた牛フィレ肉はソースも違うし、何よりフォアグラとの相性が最高なのです。
本当なら脂がしつこく感じて食い飽きそうな組合せにも関わらず、美味しくてほっぺがギュッと内側にしぼむ様な、子供の時に美味しいと感じたあの感覚が蘇ったのです。
その時食べたフレンチは本当に前菜からデザートまで全てが完璧で夢の様な時間でした。
またあの感動を味わいたく、自分はフレンチを良く食べているのです。

Copyright (C)2018フレンチは今やカジュアルなグルメ.All rights reserved.