フレンチは今やカジュアルなグルメ

フレンチは今やカジュアルなグルメ

グルメのともだちグループは、フレンチを好む傾向にある

不況とはいえ、外食産業も結構華やかに、お客さんの入りもよいようです。
とくに家族や友達同士などで、たまにはおいしいものを食べに行こうという気持ちもあるようで、週末などは家族連れも多いようです。

しかし、グルメをテーマにした友達のグループ、つまりグルメ友達とか、グルトモとか言うグループをつくって、ときどき集まってはおいしいものを食べに行って、それぞれ評価したり、感想をインターネットのブログなどにUPしたりしている人も多いようです。

グルトモの間では、もちろん世界中のグルメを楽しんでいるのですが、高級というイメージのあるフレンチもかなり人気があるようです。
というのは、中華でも和食でも、それぞれ高級なものも多いのですが、フレンチの場合は肉料理だけでなくサラダ料理が充実しているということもあり、男女ともに喜ばれるということが言えます。また日本人のアジア脱却、欧米志向の高まり、という、近代日本の初期のころからある日本人の思考も影響しているようです。
欧米志向と言っても、アメリカやイギリスの料理にはまったく人気がないこともあり、自ずとグルメはフランスに向かうようになっているのでしょう。
グルトモもますますフレンチには深入りしてゆくのではないでしょうか。

Copyright (C)2018フレンチは今やカジュアルなグルメ.All rights reserved.