フレンチは今やカジュアルなグルメ

フレンチは今やカジュアルなグルメ

フレンチでグルメな体験をしましょう。

フレンチは、グルメの代表格です。
特別な日に、日本食以外に相応しい料理と言えば、フレンチです。
イタリアンでは、カジュアルすぎます。特別な日とは、どんな日でしょう。
結婚記念日、初デートの日、プロポーズをする日でしょうか。記念日に相応しい雰囲気とは、どんなものでしょうか。エレガントさと、確かな伝統に裏付けられたものでしょう。
どこか大人の雰囲気が漂う照明やテーブルクロスが、料理にエレガントさを添えます。スープから、始まるコース料理には、こってりしたソースが定番でした。
日本人には、少し負担がかるような料理は、過去のものです。
スープがなくても構いません。こってりソースがなくても構いません。むしろ、素材の素のままを充分に引き出したライトな、かつ、心地好いフレンチが主流です。

ライトな感覚を彩るのが、野菜です。
日本では、馴染みのない野菜も良いですが、当たり前に知っている野菜の驚くべき変身を、フレンチが提供するのです。
こってりソースではなくて、塩だけの味付けかもしれません。ソースも追求すれば、シンプルになり得ましょう。
ビネガー一つでも、存在感あるソースになり得るのです。
シンプルな料理には、シンプルなデザートが、似合います。存在自体が、グルメで、伝統に裏付けられた確かな素材として、チーズば、万能です。
ヨーロッパならではの発酵食品であるチーズの魅力は、尽きません。

古き伝統と、新しさを盛り込んだフレンチにこれからも期待しましょう。

Copyright (C)2018フレンチは今やカジュアルなグルメ.All rights reserved.